読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘2歳、絵本を振り返る

毎夜、寝かしつけの前に娘とゴロンと布団に横に並び、絵本を読む。遅くなった時は1冊、余裕がある時は2冊。保育園生活3年目、ほぼ欠かさず読んでいる。

 

平日約10時間を離れている母子にとって、この夜の絵本の共有体験はなんというか代えがたいものがあって、楽しいも悲しいも、娘にとってこれはいいことなんだ・逆に悪いことなんだという発見も、絵本体験で共有され、日々いかされる感じがする。

 

お料理したり、自転車に乗るのは楽しい!とか、ぶらんこは友達と順番こしないといけないとか、ケチって何?とかそんなこと。「3匹ヤギのがらがらどん」で出てくる妖怪のトロルなんかは娘が心底怖がるので、「そんなことするとトロルが出てくるよ〜」と時々使う。(結構これは便利)

 

たくさん種類を読む家庭もあると思うが、我が家はこれでもかというほど繰り返し読む。(私よりも娘のほうが覚えがいい。。。泣)

 

だから絵本の選択はかなり真剣で、3ヶ月に1回ぐらいのペースで絵本屋さんに行き、書店員さんも巻き込みながらこの時ばかりはかなり集中して選ぶ。

 

http://museum-kiyosu.jp/blog/wp-content/uploads/2013/07/%EF%BC%96%EF%BC%8F%EF%BC%96%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%92.jpg

名古屋市千種区にある絵本専門店「メルヘンハウス」(確かな品揃え!)

 

「読み聞かせする者が好きでないとその良さが伝わらない!」という独断で、私が楽しめるもの、かつ、その時期の娘にとって最適(難しすぎてもダメ、簡単すぎてもダメ)なもの。

 

この1年、娘の絵本の変遷をまとめてみた。

 

*ちなみに0歳から1歳半の絵本の変遷のまとめはこちら↓

organicmama.jimab.net

 

 

【1歳後半】

 

しろくまちゃん・こぐまちゃんシリーズ>

1歳半ばぐらいに出会ったしろくまちゃんとこぐまちゃん。身近な題材で、絵も可愛くて、読んでるリズム感も心地よかったです。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522140252j:plain

 

 <ノンタンシリーズ>

有名すぎて、「ノンタン?はいはい、可愛いだけでしょ」ぐらいに侮っていたノンタン。ちがった。可愛いだけじゃなかった。ちょっとやんちゃしたり、友だちと一緒に遊んだり、でも喧嘩したり。ちょうど現実の保育園では、まだ一緒にがっつりは遊べないけど、友だちとのからみが楽しかったり喧嘩したりする時期。そういう現実と重なるのか娘はノンタンを愛していました。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522140403j:plain

 

 

こぐまちゃんやノンタンでちょっとしたお話に慣れてきたので、もう少し次の段階へと進んだのが2歳手前ぐらいのころ。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522140419j:plain

 『すばらしい季節』はターシャ・ティユーダ著で、四季折々の素晴らしい季節があるということを感じてもらいたくて完全に私の趣味。『うずらちゃんのたからもの』は、お母さんの誕生日プレゼントを一生懸命探せどなかなかなく、最後は星がいっぱい見える場所を見つけてお母さんを喜ばせ抱き合うというかなりハートフルストーリー。もちろん作中の抱き合うシーンで私らも抱き合う(笑)

 

【2歳頃】

読み物に慣れてきた2歳。バリエーションが増えてきました。 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522142940j:plain

 

 

【2歳3ヶ月頃】

そしてついに待ちわびたこの時がやってきた。絵本生活がスタートした時からずっと楽しみにしていたコレ!『ぐりとぐら』。かつて大好きだった記憶のあるぐりとぐら。3ヶ月毎夜『ぐりとぐら』と他1冊だった気がします。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522142955j:plain

 

【2歳7ヶ月頃】

 ぐりとぐらはさすがにもういいかな〜と思っていた頃、母子共々はまったのがこちら。14匹シリーズ。まず水彩画が美しくてツボ。自然の中でナチュラルに生きているのもいい。最初はネズミ兄妹10匹の区別がつかないのですが、数冊読むとキャラ設定がなんとなくわかってくるので味が出てくる。未だにブーム継続中です。四季が描かれているので、その移変わりとともに読むとなお楽しい絵本です。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522142954j:plain

 

 

【2歳10ヶ月、最近の絵本】

さて、最近の絵本たちはこちらです。 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170522143000j:plain

 

友達ふたりと自転車に乗り森の中のカフェに入ったり、サンドイッチ屋さんでお買い物をしたりお昼寝したりお友達との小旅行が楽しい「チリとチリリ」。仲良しのお友達と娘の名前に変えて読んであげると、自分ごとにしやすいようでより熱中して聞いている。

 

お花、お弁当、ピクニック。母子の大好きなものが詰まった「こぶたはなこさんのお弁当」。ピクニックがこの季節にぴったりでかなり楽しい。

 

『はじめてのおつかい』も主人公みぃちゃんのドキドキを追体験しながら聞いてる。

 

楽しい絵本が多い中、「さみしい」も描いている「ぐるんぱ」。「一人で寂しい」から「役に立って嬉しい」というぐるんぱの感情の移り変わりを、どうやら想像で体験しているよう。絵の可愛さや色のつけ方はたまらないものがあります。

 

*****

 

 今後はぐるんぱのように、楽しいだけでなく、寂しい悲しいといった負の感情も入ったより立体感のある絵本も楽しめたらいいなぁ。

 

次なる楽しみは、『いやいやえん』とか『おさるのジョージ』、もっと先は『魔女の宅急便』とか『ムーミンシリーズ』。もうこの頃になると一人で読むんだろうけど、私もついでに読んで楽しみたいなと密かに思ってます。

 

はぁ。本って素敵ですね! 

 

アートもサイエンスも!自然観察会って楽し〜!

公園で散歩しながら、花の名前を教えたりとか、さっと花冠を作って頭にかけてあげられるお母さんになりたい。。。でも街中生まれで田舎を経験したことのない私にはほど遠いんだなぁ。だから日々努力。その努力は植物を愛しているから結構楽しい努力だ。

 

・・・ということで、近所の鶴舞公園ポケモンGOのメッカと言われた公園ですね)で自然観察会があったので小一時間ほどで行ってきました!

 

今回の自然観察指導員さんは、このおじいちゃん。手馴れたもんで彦丸さんごとくちょいちょいうまいこと言って笑かしてくる。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170519123803p:plain

 

「同じ日陰でも、木が生えているところは涼しいでしょ〜。30度を超えると、葉は日焼けしないように自分の水分を蒸発させるんですよ。だから木の周りは涼しいの」(ふむふむ)

 

「これ楠。落ち葉を拾ってくしゃくしゃにしてみてください。いい匂いでしょ?実は防虫効果があるの」(防虫効果なのに、めちゃめちゃいい匂いなんですけど!)

 

f:id:shino_mizobuchi:20170519121422j:plain

「この木は実は1本でなく、3本がくっついた木」

(えーーー!木ってくっつくんですね)

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170519121601j:plain

「これはカタバミの葉っぱ。ハートって人間が考えたんじゃなくて、そもそも自然にあったもの」(深い。。。)

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170519121640j:plain

「これは柊。柊ってギザギザじゃないものもあるんだよ」(キューピーちゃんの頭みたい!)

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170519121651j:plain

「とんがっているのはアメリカの松。日本のはとんがってない。アメリカ人はトゲトゲしいってね」(あ、また入れてきたwww)

 

「森林浴っていうじゃない?あれ実は、松とか杉とかヒノキとか針葉樹しか放たないからね〜。で時間帯は10時〜12時ぐらいがいい。太陽を浴びて葉っぱが光合成をしてる時間だね」(よし、今度ここでシート引いてゴロゴロしよう)

 

・・・というようなあっという間の1時間。今日教えてもらったことを娘に小出しにしていこうと思ったのでした。自然はアートとサイエンスの宝庫。おもちゃを買わなくても、ここにはいっぱい吸収すべきものがある。

 

今回たまたま我が家の庭としている鶴舞公園で自然観察会があったのはラッキーでした。自然観察指導員さんを取りまとめている団体が各地にあって(名古屋の場合は、名古屋市自然観察会)、少し大きな公園であれば週末に開催されていることも多いよう。一人で参加して子どもに教えるのでもよし、小学生ぐらいであれば親子で行くのもよし。オススメです。

 

もう締め切ってしまったけれど、前職ネオナチュラルでは毎年春と秋に、自然観察会とスキンケアセミナーのスペシャルなイベントを行っています。こちらもオススメですよ↓

 

www.neo-natural.com

 

空気を読み違えたムーニー、秀逸だった新型セレナ

SNSで話題に上がっていたこちら2つのCM動画、観ましたか?

 

まずは、炎上してるという「ムーニー」のCM。

youtu.be

 

言葉にならないほどリアル。。。赤ちゃんが泣く原因がわからずオロオロしたり、ご飯を食べながら抱っこしたり、お風呂上がりは赤ちゃんを優先するからほぼスキンケアはできず、しまいに途方にくれるこの感じ。

 

ツイッターでは「こんな感じだったな」とか、「良いCMじゃない」と言う意見もある中、「乳児期のワンオペ時代をフラッシュバックしてうっかり吐きそうになった」等炎上し、概して散々な言われよう。(パンパースは逆に「多様な人たちとの子育て」が描かれており、かなり対照的!というのも話題に。。。)

 

一方、ちょうど同じ時期のSNSで話題に上がっていた新型セレナのCM。

 

orangestar.hatenadiary.jp

 

 

youtu.be

 

試乗会に出向いた3組のファミリー。育児やってますか?という質問に、結構やってます的な回答のパパ陣営。それではママになって1日を体験してもらいましょう!というまさかの展開が始まる。パパは女装までさせられ、いつものママの1日を過ごしてみることに・・・面白いですw

 

ムーニーも新型セレナも、ママを応援するという出発点は一緒だと思う。でも、描かれ方がこんなにも違う。

 

 リアルすぎるぐらいリアルな育児を描き、「1人で抱え込まないで」でもなく、「おつかれさま」と労うでもなく、「その時間が宝物になる」というメッセージのムーニー。現状を受け入れ、応援するよ!頑張れ!と伝えている。

 

一方、新型セレナはパパに体験してもらうことで育児の大変さを描き、ママの気持ちをすくい上げるとともにパパの育児参加とコマを進めている。

その上で、「子育て世代の負担を少しでも軽くする、ひいては家庭に幸福をもたらしてくれるような車なんだよ」とママの肩を持ちながらも、誰にも嫌味にならない形で演出し、車のアピールできてる。

 

ちなみに新型セレナはこんな楽しいCMもある。

 

youtu.be

 

大人も休日を、思いっきり楽しんじゃおう!思わずこちらも楽しくなるようなウキウキするCM。

 

 

 

思うに、ムーニーは刻々と変わりゆく育児にまつわる空気感を読み違えた。昨年、「ワンオペ育児」という言葉が一人で子育てするママの心に刺さり、話題になったように、家事・育児についてママの負担がとかく大きいことはどんどん「見える化」され、課題視され始めている。

 

今は問題だよね、じゃあそれをどう解決していこうか、という「問題の見える化」の段階から「解決策」の方に関心が移っているように思う。

 

もし、このムーニーCMが3年前、サイボウズがこんなCMを出していた時期に流れていたとしたら、まだ炎上はしなかった気がする。

 

youtu.be

 

サイボウズのCMは、それまで働くママの見えない日常を可視化させたことに意義があった。

 

しかも、そのメッセージは「寄り添う」。横からである。決して、「その時間が宝物になる」という上から目線でない。だから共感された。

 

 

先日、本田哲也著「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」を読んだ。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517232446p:plain

(アマゾンより画像拝借してます)

 

単にターゲットが抱えている課題を、この商品が解決しますよと訴えるのでなく、世の中の関心ごとや空気に落とし込んで、もしくは空気を作ってしまうことの大切さが唱えられてる。(その手法がたくさん載ってて面白いです!)

 

そういう意味で、空気を読み違えたのがムーニー、秀逸だったのが新型セレナだったのだと思う。

 

次の1週間がときめくお花の魔法、週末一輪

毎週末日曜日の夕方は近所の花屋に立ち寄る。その時の気分に合わせて花を買う。ひなまつりに絶対桃が欲しい!というような時もあるけれど、だいたいは今自分が欲しい色で選ぶ。

 

そうすると次の1週間、 怒涛のごとく過ぎ去る日々が少しだけ柔らかになる。今は、自宅でのデスクワークも多いので、デスクにも1輪。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517030410j:plain

母の日だったのでカーネーションの一輪挿し。

 

やっぱりときめく。

 

ドライでやってみたけど、ダメだった。多肉もときめかない。生花の瑞々しさがよいらしい。 

 

私なりの次の1週間がときめくお花の魔法で、「週末一輪」と呼んでいます。

 

都市に住んでいて、庭がなくて、でもそばに植物が欲しい方にはとってもおすすめ。インスタにハッシュタグ #週末一輪 やりませんか?みんなでやったらもっと楽しそう。

 

ここ3ヶ月の週末一輪を振り返ると・・・

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517030215j:plain

先週、GW最後の日は、ちょっと暑いくらいで、春と初夏の間の気分を捉えて、白とレモンイエロー。ハーブも買ってプランダーでぐいぐい育ってます。

 

 

3月は私も夫も退職や異動やらでたっくさんお花もらって、買わずとも部屋にお花が溢れてました。お世話になった方々の移転やオープンが続いたので、いつもお世話になっている花屋さんで教えてもらってアレンジに挑戦!

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517224732j:plain

ミモザのリース

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517224946j:plain

 イエローカジュアルをテーマにしたアレンジ。

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517025737j:plain

2月。バレンタインデーはやっぱりピンクが欲しかった。

 

 1末から2月初旬。気分的に春を待ち望んでいた時。無性に黄色が欲しくなった。

やっぱり春は黄色だな〜。

f:id:shino_mizobuchi:20170517222040j:plain

 

f:id:shino_mizobuchi:20170517030120j:plain

 振り返ると、同じ黄色でも色が変わってきてたりする。

 

先週はかきつばたも見て、6月といえば紫陽花。青系になっていく予感です。

 

 

 

 

 

 

親子の社会科見学、日本茶について考える。

レゴランドでなく。ディズニーランド、でもなく。・・・娘とは農園・工場へ行きたい。ものは自然の恵みと人の想いや工夫からできていることを感じたい。

 

大人の社会科見学。もとい、親子の社会科見学。

  

 豆腐工房いしかわに続き、今日は豊田市吉原町でお茶の栽培、製造、販売すべて手がけている高香園さんに母子ふたりで行ってきました。

 

八十八夜を過ぎ、新茶摘みしたいな〜、でも静岡までは遠いしな〜なんて思っていたところ、たまたまこちらの記事を発見。

 

dai-nagoyatours.jp

 

うちから高速使って30分で行ける!しかも有機栽培、超こった作り方してる感じ!!!早速申し込んだのでした。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170514232159j:plain

高香園の前にて、名古屋近郊に眠る魅力を愛あふれるガイドさんつきで体験できるプチトリップを企画している大名古屋ツアーズの加藤さん。私が茶摘みに夢中になってしまった時さりげなく、娘を見ていてくれたりとかなーり気さくで素敵なお兄さんです。

 

 さて、豊田といえば車。でも実は、江戸時代から茶どころとして知れていたそうです。ただ、大正時代にトヨタが生まれ、お茶の栽培地は次々に工場にとってかわっていったとか。

 

そんな中、高香園は「また飲みたい!」と思ってもらえるおいしいお茶を目指して、

(1)有機栽培

(2)手摘み

(3)最高位の茶審査技術をもつ園主の野場さんの技術と経験

で手塩にかけてお茶を作っている。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170514232206j:plain

新茶の手摘みのやり方をレクチャーしてくださる園主野田さん。カテキンでなく、旨味成分テアニンが多く含まれる抹茶はこのように日除けをつけて育てるんですって。知らなかった。。。

 

 調べたところ、1時間で収穫できる茶葉は、手摘みを1とすると機械摘みは600。(こちらを参照)要は手摘みはめっちゃコスト高です。ただ、その分、「茶葉にストレスがかからず」、旨味、香り、舌触りが良くなる。つまり品質がすごく良くなるそう。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170515151245j:plain

  実際に私たちも収穫させていただきました!慣れないと新葉の見極めが遅く、スピードに乗れない。。。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170515151507j:plain

 がぜん張り切る娘

 

手摘み作業は地元のアルバイトの方が行ってくれるそうで、1キロ260円出来高制。今回30分ぐらい収穫したのですが、大人8人で1.87kg。なので486円。8人で山分けしたら60円という悲しい結果でした。ちーん。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170514232227j:plain

 

慣れると1日30kg収穫できる方もいるらしい。

 

  

f:id:shino_mizobuchi:20170514232233j:plain

工場の中も見せていただき、製造プロセスがよくわかりました。

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170515152042j:plain 

f:id:shino_mizobuchi:20170514232239j:plain 

 

最後は、茶葉とお米を混ぜた手摘み茶めしのおにぎり、手摘み深蒸し茶が入った水出し茶、幻ともいわれる「あさつゆ」茶葉が入った抹茶も飲ませていただきました。香りがよく出てて、苦味を感じずとってもまろやか。

 

 お土産には、自然仕立ての新芽の茶葉が付いた枝も。早速部屋に飾りましたよ。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170515152757j:plain

 

 ホント、楽しかったです。

 

最後に印象深かったこと。

 

最近の小学生はお茶=ペットボトルという認識いのこと。食後に急須で日本茶をすする習慣が減っているようです。そんな事態を「我々お茶の作り手たちがもっと頑張らなくてはいけなかった。作れば売れることにあぐらをかいてた」というような内容を言われていました。

 

日本茶は栄養豊富だし、おいしい。日本茶愛する人間としては、この事態はかなり気になる。我が家は夕食の後、煎茶を急須に煮出し、自分は湯のみ、娘には水の入ったガラスのキラキラするコップに入れて娘に渡す。そうすると娘は「キラキラだねー、休憩だねー(一服のこと)」とすごく喜ぶ。

 

私は私で、毎日のルーティーン<仕事→保育園お迎え→バタバタの夕食作り>と<お風呂に入れる→歯磨き→絵本→寝かしつけ>の一区切りにすごくほっとする。

 

しかもカテキン抗菌作用は、虫歯予防にもなる。これって歯磨きを嫌がる子が多い中、ママにはすごくメリットだと思う。

 

愛ある作り手がいて、そこには栄養も日本文化も詰まっていて。そんな日本茶を広めていきたいと思ったのでした。

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170514232212j:plain

 おきまりのね。

土鍋って神。

買っても3年も経っていないのに、三菱電気の炭炊釜が壊れた。保温中に蒸気口からむくむくと蒸気が出てきたり、いきなり電源が切れたり。点検出したり、もしかしたら書いなおしとかなったら超めんどい。。。

 

なんて思いながら、ここ最近はずっと土鍋でご飯を炊いていた。びっくりなんですが、これがほんとーーーに簡単で(⇦重要)おいしい!土鍋は炊飯用のものと料理用のものがあるが、私は料理用しか持っていない。それでも、おいしいのだ。

 

<3号炊く場合>

1、洗って30分吸水

2、強火で噴きこぼれる手前まで炊く

3、弱火にして8分

4、5分〜ぐらいむす

 

邪道な炊き方ではあるけど、これでもおいしい。初めて土鍋ご飯を食べた娘は3杯もおかわりした。今でも、ご馳走さまの後にもかかわらず、ふと目を離したすきに、しゃもじで土鍋の中に余ったご飯を食べてる。

 

f:id:shino_mizobuchi:20170514015454j:plain 

やめなさーい!

 

炊飯器だと保温機能に安心して、気づけばご飯がカピカピになんてことも多発してたけど、土鍋だと余った分は冷ましてすぐに冷凍保存するようになった。

 

案外、楽なんだな〜。

 

炊飯器が壊れたのは土鍋に出会うためだったと今は上機嫌です。むしろ炊飯用の土鍋が欲しくなった。土鍋、とにかく簡単でおいしい!

 

 

 

 

顔が見えて想いがあるものにお金を払いたい

最近、ものづくり体験ブームです。

 

 ものは自然の恵みから生まれ、人が知恵と工夫で味付けし、目の前に現れるということをちゃんとわかっていたい。娘にも感じてほしい。

 

正直、2歳の娘には理解はまだできないけど(私だって1回体験するだけではなんとなくしかわからない)、感じることはできる。それにまだ「それ興味ないし」とか言わない。「行くーーーやったーーー!」と何でも喜んでくれるからやりやすい(笑)

 

新茶の季節、明日はお茶の手摘みに行ってきます。

 

そうそう、GWはお豆腐工房いしかわに行ってきました。

 

豆腐、納豆、豆乳プリン。気がつけば我が家は全部お豆腐工房いしかわ。もともとは町の豆腐屋さんだったところ、昔ながらの「国産大豆にがり寄せの豆腐」がなくなる危機を感じ、その美味しさを継承したい!、と4代目社長が株式会社化したとのこと。

 

だから、国産大豆100%で、固める方法としてにがり(=塩化マグネシウム含有物)しか使っていません。

 

まずは工場に隣接されるスーパーとレストランに入りました。

 

おとうふ工房いしかわ

 

おとうふ工房いしかわ

結構広くて、

 

 

おとうふ工房いしかわ

 チョイスがいい!

 

 

おとうふ工房いしかわ

いつもお世話になってるプリン。美味しくて買ってすぐになくなっちゃう。

 

 

f:id:shino_mizobuchi:20170509174722j:plain

納豆もうまい。

 

 

おとうふ工房いしかわ

勝手に試食している・・・!

 

 

 

おとうふ工房いしかわ

ランチ

 

 

 

 

おとうふ工房いしかわ

豆腐の製造プロセスのビデオを観た後は、にがりとできたてほやほやの豆乳を混ぜて

ざる豆腐に!

 

おとうふ工房いしかわ

うまい!

 

 

 

おとうふ工房いしかわ

 

こういう工場見学や、体験を用意している会社ってやっぱり善意な会社だなと思います。

 

子どもに安心して食べさせる豆腐を作りたい

農家を支えたい

地球環境を守りたい

地域に貢献したい

 

想いがあるから、自分たちのことを知ってほしい。だから、体験会や見学会で地域やお客さんに「ひらく」

 

顔が見えて想いがあるものにお金を払いたいです。